千葉大学法政経学部同窓会

千葉大学法政経学部同窓会 現在の会員は約14000名です。

Archive for 3月, 2018

千葉大学が持続可能性の取り組みを表彰する「2017 GUPES Green Gown Awards」を受賞しました

千葉大学は、長年にわたる学生主体の環境マネジメントシステムの運用が評価され、
2018年3月19日、大学の優れた持続可能性の取り組みを表彰する世界的な賞「2017 GUPES Green Gown Awards」を受賞しました。

5月にマルセイユでセレモニーがあるようです。

 

 

以下プレリリース記事からの引用です。

2004年に設立されたGreen Gown Awards(グリーン・ガウン賞)は、
世界における大学の優れた持続可能性の取り組みを評価・表彰する制度です。
世界の4つのエリアで開催されており、
千葉大学は「アフリカ、 アジア太平洋、 ヨーロッパ、 ラテンアメリカ、 カリブ海、 北米、 西アジア」を含むGUPESエリアで受賞しました。
GUPES Green Gown Awardsは国際連合環境計画(UNE)と大学環境協会(EAUC)が主催しています。
4つのエリアでそれぞれ受賞した大学が、
2018年5月に開催される「インターナショナル・グリーン・ガウン賞」コンテストに参加する権利を得られます。

 

千葉大学は日本で唯一環境マネジメントシステム(EMS)の国際規格ISO14001とエネルギーマネジメントのISO50001の両方を取得している大学です。 2003年当初から「環境ISO学生委員会」が主体となってEMSの構築・運用している点が評価されました。 また、 学生主体の活動を教育の一部として実践していることが千葉大学の大きな特徴です。

 

プレリリース記事はこちら

 

 

 

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

キャンパス風景-「雪の千葉大学」と「早春の千葉大学」

大雪の翌日の快晴の千葉大学(2018.1.23)、
と、早春の千葉大学(2018.3.10)です。

 

雪の千葉大学

 

 

早春の千葉大学と法政経学部校舎

 

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

千葉大学掲載記事紹介「浪人して東大より千葉大へ 第2志望で現役合格の損得勘定」

2018.2.21 日刊ゲンダイ電子版に千葉大学の入学志願者数3年連続1位について、
主にその理由を分析した記事が掲載されています。

なぜ、千葉大が一位になったか、という理由は、要約すると以下のようです。

1.首都圏にあること。

2.総合大学であること。
*いろいろな学部があるほうが、交友関係の幅が広がる

3.もう一つの首都圏総合大学の東大は、東大が16年度から後期入試を廃止した。

4.イマドキの受験生は浪人は時間の無駄と考えがち。

5.16年度入試から国立大で初めて国際教養学部を新設。

記事3ページのスクリーンショットです。

 

 

実際の記事は下記リンクからお読みください。
(新聞の記事は、時間がたつと削除されていることがあります)

話題の焦点「浪人して東大より千葉大へ 第2志望で現役合格の損得勘定」

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments