千葉大学法政経学部同窓会

千葉大学法政経学部同窓会 現在の会員は約14000名です。

Archive for the 'トピックス' Category

千葉大学OBがあつまるAere CAFÉ (アエレ カフェ)が西千葉キャンパス内にオープンしました

2019年9月30日に千葉大学にて、Aere CAFÉ (アエレ カフェ)の竣工式を行いました。
当日は、国立大学法人千葉大学長 徳久剛史 様をはじめ多くの来賓の方もお越しいただき、盛大な式となりました。
Aere CAFÉ (アエレ カフェ)は2019年10月1日にオープンし、
千葉大の新しい憩いのスポットとして活用いただければと思います。

千葉大学経済人倶楽部「絆」が運営を行っております。
アエレとはフランス語で「風通しのよい」という意味です。

当日限定のメニューはTwitterで確認ができます。

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

千葉大学経済人倶楽部について

 

設立趣旨
本倶楽部は、産業経済界並びにその関連分野において活躍する千葉大学校友「千葉大学(前身を含む)を卒業した者」自らが、相互の啓発、相互の援助並びに親睦を図り、もって母校及び産業経済界の発展に寄与することを目的として、平成21年6月11日に設立総会を開催し設置されたものです。
また、平成31年4月1日をもって、一般社団法人 千葉大学経済人倶楽部・絆となり、事業の拡大を図る。

 

千葉大学経済人倶楽部 サイト(ここをクリック)

 

法政経学部からは、昭和53年卒業の
萩原 博さん(千葉日報社 会長)
が副会長を務めておられます。

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

第57回千葉大祭が10月31日(木)~11月3日(日)行われます。

千葉大祭は毎年秋に千葉大学西千葉キャンパスで行われているイベントです。
例年100以上のテント企画、50以上の部屋企画、
ステージ発表やストリートパフォーマンス等、
千葉県内最大級の大学祭となっています。
今年度の千葉大祭のテーマは、<はっぴねす>。

 

今年のキャラクター

 

 

第57回千葉大祭 のオフィシャルサイト(ここをクリック)

 

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

「校友会総会」と「千葉大学創立70周年記念シンポジウム」概要

校友会総会概要

1.開催日時
2019年11月2日(土)11:30~12:00

2.開催場所
千葉大学西千葉キャンパス けやき会館3階 レセプションホール

3.審議事項
平成30年度 活動報告および収支決算
令和元年度 活動計画および予算(案)ほか

 

千葉大学創立70周年記念シンポジウム

1.開催日時
2019年11月2日(土)13:30~16:45

2.開催場所
千葉大学西千葉キャンパス けやき会館1階 大ホール

3.スケジュール
【第1部】13:30~14:20
・開会挨拶:理事 中谷睛昭
・70周年記念挨拶:学長 徳久剛史
・来賓祝辞
・記念講演1:
前駐日パナマ共和国特命全権大使・千葉大学名誉博士
Ritter Nobel DIAZ GOMEZ閣下

【第2部】14:30~15:20
・「ENGINE」及び海外3キャンパス説明:副学長 佐藤之彦
・講演1:
マヒドン大学インターナショナルカレッジ 副学部長
Alexander Nanni 氏
・講演2
カリフォルニア大学サンディエゴ校
千葉大学ーUCサンディエゴ国際粘膜免疫・アレルギー治療学
研究センター サンディエゴ研究センター長
清野宏 氏

【第3部】15:35~16:45 -skipwise presents-
・学生表彰(課外活動等)
・記念講演2
国際ジャーナリスト モーリー・ロバートソン氏
・ダンスパフォーマンス
ぱいんはうす ロペス氏、田端明日香氏
・閉会挨拶:理事 中谷睛昭

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

西千葉キャンパス 自転車と歩行者分離

キャンパス内の通リが、自転車と歩行者分離されました。

 

PRTimesでも取り上げられています。

「千葉大学キャンパス内で「歩車分離」 学生の発案で実現」

千葉大学はキャンパス内を通行する歩行者の安全確保を目的に、一部の道路において自動車進入禁止とし、歩行者と自転車の通行レーンを分ける「歩車分離」の実証実験を2019年4月~8月にかけて行いました。実験の結果、安全性が高まることが確認できたため、10月1日から本格導入することとなりました。

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

千葉大学の台風15号の被災状況

このたびの台風15号による被害に遭われた地域・世帯の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

千葉大学は、9/14時点で停電や断水も発生しておりません。
学生並びに教職員の人的被害については報告されていないようです。

西千葉キャンパスの倒木やガラスの損壊の写真です。

 

 

けやき会館の脇(2019.9.20入稿)

 

台風15号は、わざわざ東京湾の奥まで来て、千葉市から上陸。
過去最大の風台風(最大瞬間風速57.5m、過去最大は47m)。
県内各所で倒木、倒電柱で未曽有の停電・断水となっています。
60万戸以上が停電。(千葉県全体で約270万戸)
全戸復旧するのは2週間以上かかる未通し。(9/13現在)
連日NHKでは、電源・給水情報を市町村別に流しています。

 

 

 

 

 

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

2019年司法試験合格者・法科大学院別ランキング

 

9/10に司法試験合格者の発表がありました。
予備試験合格者(315人、81.8%)
1.京都大法科大学院(126人、62.7%)
2.一橋大法科大学院(67人、59.8%)
3.東京大法科大学院(134人、56.3%)
4.慶應義塾大法科大学院(152人、50.7%)
5.愛知学院大法科大学院(3人、42.9%)
6.早稲田大法科大学院(106人、42.1%)
7.大阪大法科大学院(46人、41.1%)
8.東北大法科大学院(20人、38.5%)
9.名古屋大法科大学院(25人、37.3%)
10.広島大法科大学院(14人、35.9%)

千葉大学は
25位.千葉大法科大学院(12人、合格率19.7%)
です。2019年の平均合格率は33.63%

弁護士ドットコム 【データ編】2019年司法試験合格者・法科大学院別ランキング
をクリックしてください。

ちなみに、
2018年(平成30年)は
35位.千葉大法科大学院(10人、合格率15.2%)

2017年(平成29年)は
34位.千葉大法科大学院(11人、合格率13.4%)

以下千葉大学法科大学院年別合格者数と合格率
2016年(平成28年) 合格者数:17人、合格率19.8%
2015年(平成27年) 合格者数:5人、合格率13.9%
2014年(平成26年) 合格者数:9人、合格率30.0%
2013年(平成25年) 合格者数:23人、合格率52.3%
2012年(平成24年) 合格者数:29人、合格率69.0%
2011年(平成23年) 合格者数:17人、合格率53.1%
2010年(平成22年) 合格者数:34人、合格率70.8%
2009年(平成21年) 合格者数:29人、合格率70.7%
2008年(平成20年) 合格者数:29人、合格率74.4%
2007年(平成19年) 合格者数:36人、合格率70.6%
2006年(平成18年) 合格者数:36人、合格率70.6%
2005年(平成17年) 合格者数:39人、合格率70.%

 

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

千葉大学・公共研究センター

千葉大学・公共研究センターは、

公共研究センターは、持続可能な世界の実現を目指して、政治経済や環境・福祉・平和問題などの公共的で*グローカルな問題群に取り組む学際的な教育・研究拠点です。

「①調査・研究,②政策提言,③学術的イベント,④国際的連携,⑤市民・行政・企業とのネットワーキング,
⑥教育・啓発活動(研究者・実践者の育成)」などの活動を展開することを目指して活動しています。

主に法政経学部、人文公共学府(旧法政経学部・文学部大学院)で教鞭をとっていた先生、今もとられている先生が中心になっています。

以下メンバーです。

・センター長&公共哲学研究部門長:小林 正弥(千葉大学大学院社会科学研究院教授)
水島治郎(千葉大学大学院社会科学研究院教授)、佐藤健太郎(千葉大学大学院社会科学研究院准教授)、
宮崎文彦(千葉大学大学院人文公共学府特任研究員)、深井慈子(千葉大学客員教授)、
木下征彦(日本大学商学部専任講師)

・公共政策研究部門長:倉阪秀史(千葉大学大学院社会科学研究院教授)
大石亜希子(千葉大学大学院社会科学研究院教授)、李想(千葉大学大学院社会科学研究院准教授)、
広井良典(千葉大学客員教授)、馬上丈司(千葉エコ・エネルギー社代表取締役)

・グローバルガバナンス研究センター部門長:石戸光(千葉大学大学院社会科学研究院教授)
五十嵐誠一(千葉大学大学院社会科学研究院准教授)

国際交流研究部門部門長:蔡 孟翰(千葉大学大学院人文公共学府客員准教授)

『公共研究』を出版しています。

 

千葉大学公共学会の研究機関誌『公共研究』は、学会による研究成果を逐次公開するととともに、公共学及び関連学問の研究者、「持続可能な福祉社会」や「公共性」に関連する活動を実際に行っているNPOなどに対し,広く調査研究成果の発表の機会を提供することにより,公共学の理論的思想的発展に資することを目的としています。

現在、次号16巻第1号(2020年3月刊行予定)に掲載する研究論文等を、幅広く募集しております。公共学会の学会員のみならずどなたでも投稿できます。

こちらを参考にしてください。

 

 

 

 

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

紆余曲折ありましたが、早ければ年内に「チバニアン」が決まります。

「チバニアン」3次審査へ申請書提出(2019.8)  紆余曲折ありましたが、早ければ年内に「チバニアン」が決まります。
2019.8.20の朝日新聞です。(ここをクリック)

「チバニアン」の認定を目指す研究グループ、には、18団体、機関があり、千葉大学もその一員です。
千葉県からは、「千葉県環境センター」「千葉県中央博物館」も研究グループの一員です。
千葉大学から発表されている内容はここをクリック

申請者として、以下お二人が千葉大学で研究されています。
泉 賢太郎(千葉大学教育学部)
亀尾 浩司(千葉大学大学院理学研究院)

申請にかかわった機関一覧
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所
国立大学法人茨城大学
国立大学法人島根大学
有限会社アルプス調査所
国立大学法人神戸大学
復建調査設計株式会社
国立研究開発法人産業技術総合研究所
国立大学法人千葉大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
独立行政法人国立科学博物館
公立大学法人大阪市立大学
国立大学法人東京学芸大学
千葉県環境研究センター
千葉県立中央博物館
滋賀県立琵琶湖博物館
国立大学法人九州大学
国立大学法人信州大学
文化財調査コンサルタント株式会社

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments

世界の大学ランキング(2020年最新版)

英語圏の大学では9月から新年度がスタート。
国際的な総合大学ランキングで有名なものには

「QS世界大学ランキング」(QS)、
「THE世界大学ランキング」(THE-TR)、
「世界大学学術ランキング」(ARWU)、
「CWUR世界大学ランキング」(CWUR)
の4サイトが世界大学ランキングでは権威があるといわれています。

「QS世界大学ランキング」(QS)が、2019.8に更新されました。

千葉大学は、世界442位、国内16位、アジア110位と出ています。

千葉大学を選択した部分(ここをクリック)

「QS世界大学ランキング」(QS)のトップページ(ここをクリック)

 

 

千葉大学 について記述してあるページのイメージ

 

千葉大学 について記述してあるページのイメージーその2

 

同サイトによる千葉大学の概要(Overview)

Since its foundation in 1949, Chiba University has achieved national acclaim in many fields of basic and applied sciences, and has grown to become a highly ranked university that has contributed significantly to the success of Japanese society during a period of accelerated change and economic growth. Chiba University claims leadership in the advancement of science, engineering, technology, research and education methodologies. The University’s prominence in social sciences and humanities has evolved in the historical context of grave challenges to established values, ethics and institutions in the time of economic globalization and the broad access to information. For all of the success in the past, Chiba University is aware of the need of continual adaptation to the changing demands of society resulting from changes in the relationship between the university, the community and the public and private sector.

//20180927C@\ //posted by mykouchan in トピックス and have No Comments