千葉大学法政経学部同窓会

千葉大学法政経学部同窓会 現在の会員は約14000名です。

昭和48年卒業生の平成22年同期会報告

大学闘争(学園紛争)・ベトナム反戦運動・沖縄返還(奪還)闘争・
70年安保闘争・東大入試中止・千葉大への機動隊導入によるバリケード封鎖解除と並び立てれば切がなく、
今の千葉大の平和を謳歌している姿とはまったく無縁な環境下で大学時代を過ごした、
昭和44年入学の法経学部法律学科(当時、人文学部法律専攻)の同期会は、
大方の同期生が卒業した昭和48年の卒業以来、
一時の間断はあったものの、連綿として開催されてきた。概ね、
5周年毎の旅行会(同期の仲間の出身地である、長野、新潟等)を間に挟んで、
ここ10年ほど毎年1月の最終金曜日に、銀座三井アーバンホテル銀座 地下1階の“cat’s & dogs”で、
関東甲信越の卒業生を中心として開催されてきた同期会が、
今年も、1月29日午後7時から,17名が参集して開催された。
参加メンバーは、写真の通りで、さすがに、年齢を感じさせるものになってきた。
遠方では、新潟、長野からの参加もあり、会は、開会後3時間があっという間に過ぎてしまった。
さすが2浪組は既に還暦を迎え、健康談義が尽きない世代となったが、
現役組の早生まれの連中(私もその一人だが)全員が還暦を迎えたら、
還暦記念同期会を来年平成23年に開催することを決定して会を終えたが、最後まで盛り上った会であった。
残念なのは、この同期会の仲間が、法経学部同窓会にはなかなか集まらないことだ。
幹事の不徳の致すところであろうが、
今後は少しでも同窓会への参加者を増やすべく努力することをお約束して、報告を終えることとする。
(昭和44年入学、同48年卒同期会幹事 岩出 誠) 

posted by mykouchan in 同期コーナー and have No Comments