千葉大学法政経学部同窓会

千葉大学法政経学部同窓会 現在の会員は約14000名です。

西千葉音楽祭と松尾貴臣さん

西千葉音楽祭について
主催するのが、”住所地名にない西千葉の名前にこだわり文化を発信しよう”という趣旨で、
2009年に発足した「スポーツとアートの会」。
「団子と串のまちずくりシンポジウム」という名称で毎年今頃、
千葉大で開催されていました。
一般参加者をつのり、よさこい踊り、
千葉大のサッカー場やバスケット場で各種目ゲーム遊びをする。
「団子と串のまちずくりシンポジウム」から「西千葉音楽祭」に名称変更になったのは、
今年から。(松尾貴臣氏の提案で)

 

 

松尾貴臣氏について
長崎生まれ、高知県観光特使、西千葉在住。
2002年千葉大学法経学部卒、2006年千葉大学大学院(経済)卒。
中学の頃より歌手を目指す。

高校卒業時、親の反対でプロ歌手のの道ではなく、千葉大法経学部に。
大学卒業時、親の反対でプロ歌手のの道ではなく千葉大大学院に。
大学院では広井良典ゼミで社会保障や医療経済を学ぶ。

大学時代からCDをレコード会社に送り続ける。
2008年、会社を立ち上げる。(株式会社こころざし音楽工房)
*7枚目のCDを今年6月に出してます。「アイノコトバ」

同窓会掲載記事
http://chiba-u-le-dousou.jp/archives/184

株式会社こころざし音楽工房
http://www.omitaka.com/cocolozashi/

CDはここからも買えます
http://www.omitaka.com/shiondo.html

僕の所感(S55卒 井出浩司)
彼とは、facebookで「お友達」だったんで、
当日初対面の気がしませんでした。
受付で初対面。隣の奥さんが綺麗だったですね。

ロック系なのかと思ってましたが、
詩の意味がガンガンとストライク入ってくるバラードに近い曲でした。

西千葉の元アイドル、音楽界の坂本竜馬(高知県観光大使)、
を自認して、すべて実現した彼は、今、紅白出場を目指しています。

直球でストライク投げ込んでくる「詩」が紅白出場実現してくれるんじゃないですかね。
「アイノコトバ」の詩すごいですよ。
千葉県立ガンセンターのセンター長の依頼で作ったガン患者への応援歌です。

CDの中には「余命半年」宣告受けた人と向き合って作った曲も入ってます。
(6th CD「キボウノオト 」)
病気で死んでしまいそうな人への応援歌書かせたら、世界一ではないですかね。

広井良典ゼミで社会保障や医療経済を学んで、卒業後も病院・ホスピスで歌いつづけ、
「死んでしまう人」を見続けているからこういう曲作れるのではないですかね。
僕も余命宣告受けたらまず彼に応援歌作ってもらいます。

下の写真が当日の彼との写真です。
思えば、プロ歌手との2ショットは、
学生時代、武道館でビリージョエルのコンサートの警備員のアルバイトで、
たまたまビリージョエルの楽屋の警備担当させてもらった時以来です。

本当は、彼の隣りの、モデルの「奈々緒」似の奥さんも一緒に撮ってほしかった。

 

posted by mykouchan in トピックス and have No Comments