千葉大学法政経学部同窓会

千葉大学法政経学部同窓会 現在の会員は約14000名です。

平成22年度事業報告

平成22年度事業報告

第1号議案 平成22年度事業報告

平成22年度は、総会で承認いただきました事業計画に基づき、法経学部同窓会の目的である「会員相互の親睦」と「母校の発展への寄与」の達成に努めてまいりました。その主な活動
結果は次のとおりです。

1. 同窓会の活動基盤
(1)会員数の動向
平成22年度の新規会員は、346人であり、総数は、平成23年3月時点で、概ね13,000余名であります。課題としては、若手会員の積極的な参加をどう図っていくかにあります。

(2) 定例総会
(ア)総会
平成22年7月10日(土)に70余名の会員の出席により、千葉大学西千葉
キャンパス人文社会科学研究棟2階マルチメディア講義室おいて、平成21年度
の活動報告・決算報告の承認、平成22年度の活動計画・予算案の承認が
行われました。
(イ)記念講演会
定例総会に引き続き、吉野 聡理事の紹介により 千葉市長 熊谷 俊人氏の
「これからの千葉市づくりへの私の想い」と題するご講演をいただきました。
なお、講演後、懇親会にもご出席をいただきました。

(3) 寄付の募集
同窓会活動の基盤となる財政の強化のため、会員からの寄付を受け付けることとし、会報に振込用紙を同封し、多くの方々から、多大なご支援をいただきました。お礼状を送りますと共に、会報に氏名を掲載させていただきました。

(4) その他
理事5名を、新規に増員し、体制の強化を図った。

2. 会員相互の交流状況
(1) 定例総会後の懇親会
例年通り、定例総会及び記念講演会の終了後、法経学部の先生方のご参加もいただき、懇親会を開催いたしました。

(2)名簿の発行
会員名簿については、平成14年(2002年)3月に発行して以降、個人情報保護法の関係等もあり、発行しておりません。今後の取り扱いについては、引き続き理事会で検討してまいります。

(3)同窓会報の発行
会報が、会員間の情報、連絡に占めるウエイトが高いことがありますので、年2回発行するとともに、ページ数の増加を図り、内容の充実に努めました。
(ア) 第19号の会報は、平成22年9月30日に発行し、熊谷市長の講演内容、
同期会の開催状況、会員の方の近況報告、同窓会活動の活性化を図るための取り組み等について、会員の皆様にお届けいたしました。
(イ) 第20号の会報は、平成23年4月1日に発行し、吉永会長の
「第20号発刊にあたって」のあいさつ、法科大学院の新司法試験での成果、同期会
の開催状況、各方面での同窓生の活動状況等を,お届けいたしました。
なお、平成14年度から平成17年度卒業生について、住所未確認のため同窓会報が
おくられていない状況であったが、検討チームを立ち上げ、送付方に努める事とした。

(4)インターネット上の同窓会活動
「千葉大学 法経学部 同窓会」のホームページを、平成21年5月に、千葉大学のホームページとは別に単独で開設しております。ホームページが果たす役割は、会員相互の情報等に非常に役立つため、まだ、十分に周知されていないので、周知を図るとともに、さらに積極的に活用すべく検討していきます。
「法経学部同窓会」で検索 すれば、トップ表示されます。

URL:http:chiba-u-le-dousou.jp/

ですので、アクセスしてみてください。

3.母校への支援活動
  母校発展の活動として、法経学部の先生方と緊密な連携をとりながら、以下の取り組みを行いました。
(1) 就職活動支援(就職指導員の配置など)
(2) 卒業生祝賀会
(3) 校友会への支援
(4) 卒業記念品の授与
(5) 法科大学院への支援

4.会議等
平成22年7月10日  法経学部同窓会総会
平成22年6月5日 理事会、年次幹事会
平成22年7月10日 理事会
平成23年1月29日 理事会、年次幹事会
を、開催した。

posted by mykouchan in 総会資料 and have Comment (1)