千葉大学法政経学部同窓会

千葉大学法政経学部同窓会 現在の会員は約14000名です。

2.会則(2018年11月11日改訂)

第1章 名称及び事務所

第1条
本会は、千葉大学法政経学部同窓会と称し、事務所を千葉市内に置く。

第2章 目的

第2条
本会は、会員相互の親睦を図ると共に、母校の発展に寄与することを目的とする。

第3章 事業

第3条
本会は、第2条の目的を達成するため。次の事業を行う。

  1. 総会ならびに親睦会の開催
  2. 会員名簿の整理
  3. 会報の発行
  4. 教育研究活動への支援
  5. 就職活動に関する情報交換等の援助
  6. その他必要と認める事項

第4章 会員

第4条
本会は、次の会員をもって組織する。

  1. 正会員 千葉大学文理学部法学・政治学系、経済学系卒業者、千葉大学人文学部法経学科卒業者、千葉大学法経学部卒業者、千葉大学法政経学部卒業者、千葉大学大学院社会科学研究科修了者及びこれらに準ずる者で理事会が推薦する者。
  2. 準会員 法政経学部在学生、社会科学研究科、 在学生
  3. 特別会員 千葉大学法政経学部教官

第5章 役員

第5条
本会に次の役員を置く。

1 会長 1名
2 副会長 1名
3 理事 若干名 (但し、うち2名を会計担当理事とする。)
4 監事 2名
5 顧問 若干名
6 学内理事、学生幹事 若干名を置くことが出来る。

 

第6条
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。但し、その任期満了後でも、後任の役員が選出されるまでは、なお、その職務を行う。

第7条
役員の選出は次のとおりとする。

  1. 会長、副会長及び監事は、総会において正会員の中から選任する。
  2. 理事(学内理事を含む。)は、総会において正会員及び特別会員の中から選任する。
  3. 顧問は、法政経学部長ならびに本会に功績ある者から理事会の議を経て、会長が委嘱する。
  4. 学生幹事は、準会員の中から、法政経学部長の推薦を受け、会長が委嘱する。

第8条
役員の職務は次のとおりとする。
1.会長は、本会を代表し、会務を掌理する。
2.副会長は、会長を補佐し、会長が職務を遂行できない場合にその職務を代行する。
3.理事は、理事会において本会の事業につき議決し、会長の命により本会の事業を執行する。
4.監事は、本会の会計を監査する。
5.顧問は、総会及び理事会に参与する。
6.学生幹事は、本会の連絡調整を行う。

 

第6章 総会及び理事会
第9条
総会は、定時総会及び臨時総会とする。

  1. 定時総会は、毎年1回会長が招集する。
  2. 会長は、必要に応じ臨時総会を招集することができる。

第10条
総会は、次のことを行う。

  1. 予算の議決ならびに決算の承認
  2. 会務の報告
  3. 役員の選出
  4. 会則の改廃
  5. その他必要と認める事項

 

第11条
理事会は、必要の都度会長が招集し、次の事項を審議する。

  1. 総会から委任された事項
  2. 本会の会計維持運営に関する事項
  3. その他

第7章 議決
第12条
総会の議事は、出席会員の過半数をもって議決し、理事会の議事は、理事会構成役員の過半数をもって議決する。

第8章 会計
第13条
本会の経費は、会員より徴収する年会費、寄付金及びその他の収入をもって充てる。

第14条
会計に関する事項については、別に規程を定める。

第15条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

附則(昭和60年―平成7年)略

附則(平成10年3月23日)

  1. この会則の改正は、平成21年7月18日から施行する。
  2. 平成5年度(平成6年3月)卒業者ないし平成8年度(平成9年3月)卒業者は、
    入会金1万円を納入することとする。
  3. 平成9年度(平成10年3月)卒業者ないし平成12年度(平成13年3月)卒業者は、各卒業式当日までに入会金1万円を納入することとする。

附則(平成30年11月11日)

  1. この会則の改正は、平成30年11月11日から施行する。